スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手乗りスズメと大人の公園

第6日目 1991年1月23日(水)
手乗りすずめ
*公園の手乗りスズメ 

ここケンジントン・ガーデンズにいる鳥は水鳥たちだけではありません。
スズメもいるのです!!

え?スズメなんて珍しくも何ともない?
まあ、そりゃそうだけどここにいるスズメたちはたぶん日本ではお目にかかれない個体なのです。

そう!その名も手乗りスズメ!!

いやぁ~、ビックリしましたよ
あの警戒心が強い野生のスズメが人の手の平に乗ってパンを食べるなんて!

手の平にパン屑を乗せてちょっと手を前に出すと我先にとスズメたちがやって来て食べていくんですもの。

公園の通路
*広い公園の通路を歩く 

日本のスズメはもの凄く警戒心が強いですよね?
ちょっと近づくだけでもパッと飛び立ってしまうほど。
きっとこれは日本が農耕民族のせいでしょう。

日本ではスズメは収穫をかすめ取って食べてしまう害鳥と見なされていて近づくと追い払われてしまう存在だったからスズメの方も人間を警戒して近づかない。
だから日本にいるスズメは「人間=危険」と言う情報がDNAに刻み込まれている!(と、私は思う)

なので、今回ロンドンに来て一番驚いたのはこの手乗りスズメ!

ケンジントンの緑
*ケンジントン・ガーデンズ 

リスも水鳥もスズメも人間に警戒心を抱かない公園の生き物たち。

日本では公園の鳩や猫にボーガンの矢を射っちゃうとかの悲しい事件がありますが、きっとロンドンの人たちは公園に来てもそこに住む生き物たちに悪さをしないんでしょうね。
だから野生の生き物たちもあまり人間に対して警戒心を抱かない。

さすが動物愛護発祥の国、英国!

ケンジントン公園
*ケンジントン・ガーデンズの木々と芝生 

ところで日本で公園と言うとジャングルジムやブランコ・シーソーなどの遊具が並んでいる、ママさんたちが「公園デビュー」とか言って幼児たちを遊ばせている近所のこじんまりしているものを想像しませんか?

英国で公園と言ったら芝生に木にベンチに噴水(or池?)ですよね?
大人の公園って感じ?(意味不明)

公園のゴミ箱
*ゴミ箱もカッチョ良い 


ランキング参加中!
応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございます。
スポンサーサイト

theme : 海外旅行
genre : 旅行

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斑点ゾンビ

Author:斑点ゾンビ
所在地:千葉県
血液型:A型

読書・映画鑑賞・温泉・ドライブ、そして国内外の旅行と酒を愛する女

体育会系のような、文系のような、腰の重いアクティブ派?

入国者数
アナログ時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村
ポチッとクリックをお願いします。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ翻訳
お好きな国の国旗にクリックを。 その国の言語になります。
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
javascript電卓
電 卓
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
電力使用状況&電気予報
節電を心がけよう!
金魚
TOEICボキャドリル
さあ、あなたもチャレンジ!

自作オセロ
by some-news
漢字間違い探し

間違っているものをクリックしてください



powered by Youtube動画

12星座ランキング
developed by 遊ぶブログ
カーエルの予言
健康BMI
ajaxblogparts
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。