スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タワー・ブリッジの内部を見学

第5日目 1996年1月21日(日)午後 
タワーブリッジ*
*タワー・ブリッジ 

は~~い、次に訪れたのはここ、タワー・ブリッジ!!

え?また来たのかって?
もういいよ、ここ見飽きた?


いやぁ~、そう言わんと、今回はこの中を見学したんです。

タワー入場チケット
*チケット 

”THE CELEBRATION STORY”

素晴らしく荘厳で壮大で優美で華美なわてらの叡智の結晶であるこの橋を造った行程などを紹介するので見たってやーって言う博物館です。(笑)

はいはい、見ますとも!

チケット裏側
*チケット裏 

こういう順路で回れって表ですね。

ロンドン塔がある側の高い塔からエレベーターに乗って上に行き、さらに階段で上の通路に出る。
通路を渡り景観を眺めつつ階段で下に降り、そこにある展示物を見ろ。
エレベーターで下まで行くと一旦外へ出て、ベルファースト号がある側の対岸近くの小さな塔へ入れ。
そこから下に降りて橋を持ち上げる動力であるエンジンなどの展示物を見ろ!

……と、まあこんな感じです。

はい、とってもわかりやすい。
これなら英語がわからなくても大丈夫!!

タワーブリッジパンフ
*パンフレット 

英語・ドイツ語・フランス語・日本語で書かれたパンフレット。

4カ国語の内のひとつに日本語が入っているのが嬉しいですね。
もしかしたら今は中国語に取って代わられているかもしれませんが。(苦笑)

パンフ2
*パンフレット裏 1 

タワー・ブリッジの中では、荘厳な塔や高所にある歩道を探検できます。
ブリッジの仕組みや、100年以上前にこの橋がどのように建てられたかを発見しませんか。
また、ロンドン市街のパノラマのような光景もお楽しみください。

ビクトリア時代の壮大なエンジン室をご覧になり、また実際に操作できる模型やインタアクティブなコンピューターもお試し下さい。

(パンフレットより抜粋)

パンフ3
*パンフレット裏 2 

世界で最も有名な橋、タワー・ブリッジはロンドンのシンボルです。
川を横切るために毎日利用されているこの橋は、ロンドンへの出入り口、そして英国の歴史の記念物として畏敬の念を呼び起こします。
外観に感嘆した後には、内部に入ればさらに感銘を深められることでしょう。

(パンフレットより抜粋)

おまけ

”青い線にそって次のセクションへお進みください”

OK、わかりました。

ロンドンの至宝 ”タワー・ブリッジ” の内部へご案内~!!


ランキング参加中!
応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございます。
スポンサーサイト

theme : 海外旅行
genre : 旅行

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斑点ゾンビ

Author:斑点ゾンビ
所在地:千葉県
血液型:A型

読書・映画鑑賞・温泉・ドライブ、そして国内外の旅行と酒を愛する女

体育会系のような、文系のような、腰の重いアクティブ派?

入国者数
アナログ時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村
ポチッとクリックをお願いします。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ翻訳
お好きな国の国旗にクリックを。 その国の言語になります。
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
javascript電卓
電 卓
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
電力使用状況&電気予報
節電を心がけよう!
金魚
TOEICボキャドリル
さあ、あなたもチャレンジ!

自作オセロ
by some-news
漢字間違い探し

間違っているものをクリックしてください



powered by Youtube動画

12星座ランキング
developed by 遊ぶブログ
カーエルの予言
健康BMI
ajaxblogparts
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。