スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドンの歴史とともに存在するロンドン塔

第5日目 1996年1月21日(日)午前 
ロンドン塔~
*ロンドン塔 

またまたタワー・ブリッジ界隈です。
どんだけ好きかってくらいここら辺に来ています。

初日の夜に、中世ディナーショーに、切り裂きジャックのウォーキングツアーに。
今回の旅行はほとんどここ方面ばかり観光しているような?(笑)

ロンドン塔は正式には Her Majesty's Royal Palace and Fortress と言うそうな。
日本語で言うと、女王陛下の宮殿にして要塞

しっかしこれってカラー写真なのに、なんだろねぇ?このモノクロ感は。
手前の木の枝っぷりがおどろおどろしさを演出しています。

こういう雰囲気だとやっぱりここは宮殿ってより監獄ってイメージですねぇ。


ロンドン塔の歴史  
1066年にイングランドの征服王ウィリアム1世がロンドンを外敵から守る為に造らせました。
本体部分が完成したのは約20年後。

その後、城壁など外堀を造ったりして増築を重ねヘンリー3世が完成させました。
1625年までは王様が宮殿として使用していたとか。
造幣所や天文台もあり1640年までは銀行・王立動物園まであったとされています。

身分の高い政治犯を幽閉したり処刑する監獄として使用し始めたのは1282年。
その後はもっぱら反逆者の処刑場として使用。

今では観光名所として一般開放。
世界最大のダイヤモンド『偉大なアフリカの星』が目玉として展示されています。

1988年にユネスコ世界文化遺産として登録。

ロンドン塔の衛兵
*ロンドン塔の衛兵 

普段は所定の位置に立ったままですが、定期的に動きます。
うん、動かないと体が固まっちゃいますからね。(笑)

動くと観光客に大注目されます。

タワーブリッジ~
*タワー・ブリッジ 

ここからの角度が一番いいと思うのは私だけでしょうか?
この角度から撮った絵ハガキがあるくらいだからやっぱり角度的にはナイスだと思います。

平沢さんと
*タワー・ブリッジを望む 

このポイントはロンドン塔の中に入らなくても撮れる撮影スポット。
ロンドン塔に入るには入場料がいるので外観だけでいいって人は外側を歩いて散策するのもお薦めですよ。


ところで私が着ているこの服は前日にセルフリッジのウィンターセールにて99ポンド99ペンス買ったスキーウェアーです。
早速次の日から愛用!(笑)


ランキング参加中!
応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございます。
スポンサーサイト

theme : 海外旅行
genre : 旅行

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斑点ゾンビ

Author:斑点ゾンビ
所在地:千葉県
血液型:A型

読書・映画鑑賞・温泉・ドライブ、そして国内外の旅行と酒を愛する女

体育会系のような、文系のような、腰の重いアクティブ派?

入国者数
アナログ時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村
ポチッとクリックをお願いします。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ翻訳
お好きな国の国旗にクリックを。 その国の言語になります。
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
javascript電卓
電 卓
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
電力使用状況&電気予報
節電を心がけよう!
金魚
TOEICボキャドリル
さあ、あなたもチャレンジ!

自作オセロ
by some-news
漢字間違い探し

間違っているものをクリックしてください



powered by Youtube動画

12星座ランキング
developed by 遊ぶブログ
カーエルの予言
健康BMI
ajaxblogparts
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。