スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世紀のロイヤルウエディングが行われた大聖堂

第5日目 1996年1月21日(日)午前 
セントポール3
*セント・ポール大聖堂 

本日最初の観光はセントポール大聖堂。

ここは世紀のロイヤルウエディングが行われた大聖堂です。
と言っても今年(2011年4月29日)に行われたウィリアム王子とキャサリン妃のではなく、かの故ダイアナ元妃がチャールズ皇太子と永遠の愛を誓った方のロイヤルウエディングです。
二人が永遠の愛を誓った大聖堂。

永遠の愛 ………今となっては虚しい言葉ですが……

あれは、そう……もう30年も前の事なのですね。(遠い目)

あの日、光り輝いていたダイアナさんがあんな事になるなんて………
あのロイヤルウエディングをテレビで見ていた頃は想像も出来ませんでした。

セントポール

なんて事を思いつつ大聖堂の中に入ると………日曜なのでミサの真っ最中。
信者でもないのにミサの最中に物見遊山で中に入るのも憚れ、ちょっと見ただけで早々に外に出てしまいました。

まあいいんです、外観も凄くゴージャスで見応えあるからさ。

セントポール2

この大聖堂、修復(ロンドン大火で都市計画が構想された)したのが、かの有名な
クリストファー・レン!(凄い人らしい)

今をさかのぼること345年前の1666年、ロンドンは街のほとんど焼き尽くす大火に見舞われました。

4日間に及び燃え続けた火は実にロンドンの85%を焼失
これを機にロンドンの街は木造建築を禁止し、再建築されました。

この再構築に携わったのがクリフトファー・レン、その人です。
今のロンドンを築いたのはこの人と言っても過言ではありません。

とにかくこのセント・ポール大聖堂はクリストファー・レンの代表作なのです。

セントポール4

セント・ポール大聖堂の前にある通り、ルドゲート・ヒル・ストリートを横切ろうと横断歩道の無い道の真ん中に立ってセンターラインで車が行き過ぎるのを待ってたら左からやって来たダブル・デッカー(ウジャウジャ通ってる)がわざわざ止まってくれました。

日本では一応、歩行者優先なのでこういう場合止まってくれる(そうじゃない場合もあるけど)のですが、イタリアやスペインだったら危なくて道路を横切ろうとは思いませんでした。

ロンドンの道交法を知らない私は止まってくれるとは思わなかったのでペコッとお辞儀して通らせていただきました。(ロンドンでは止まってくれるのが当たり前なの?)

止まってくれた運転手さん、ありがとうございます


ランキング参加中!
応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございます。
スポンサーサイト

theme : 海外旅行
genre : 旅行

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斑点ゾンビ

Author:斑点ゾンビ
所在地:千葉県
血液型:A型

読書・映画鑑賞・温泉・ドライブ、そして国内外の旅行と酒を愛する女

体育会系のような、文系のような、腰の重いアクティブ派?

入国者数
アナログ時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村
ポチッとクリックをお願いします。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ翻訳
お好きな国の国旗にクリックを。 その国の言語になります。
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
javascript電卓
電 卓
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
電力使用状況&電気予報
節電を心がけよう!
金魚
TOEICボキャドリル
さあ、あなたもチャレンジ!

自作オセロ
by some-news
漢字間違い探し

間違っているものをクリックしてください



powered by Youtube動画

12星座ランキング
developed by 遊ぶブログ
カーエルの予言
健康BMI
ajaxblogparts
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。