スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『ミッション:8ミニッツ』を観に行ってきました。

8ミニッツ_convert_20111115140418

【ストーリー】
シカゴで乗客が全員死亡する列車爆破事故が起こり、事件を解明すべく政府の極秘ミッションが始動。爆破犠牲者が死亡する8分前の意識に入り込み、犯人を見つけ出すという任務遂行のため、軍のエリート、スティーヴンス(ジェイク・ギレンホール)が選ばれる。事件の真相に迫るため何度も8分間の任務を繰り返すたび、彼の中である疑惑が膨らんでいく。

『月に囚われた男』のダンカン・ジョーンズ監督の長編第2作となるSFサスペンス。列車爆破事故の犯人を見つけるべく、犠牲者が死亡する8分前の意識に入り込み、爆破直前の列車内を追体験していく男の運命を描く。困難なミッションを課せられた主人公を、『ブロークバック・マウンテン』のジェイク・ギレンホールが熱演。巧妙に練り上げられたプロットと先の読めないストーリー展開に引き込まれる。

【公開日】2011年10月28日
【英題】SOURCE CODE
【製作年】2011年
【製作国】アメリカ
【上映時間】93分
【配給】ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
【監督】ダンカン・ジョーンズ
【脚本】ベン・リプリー
【撮影】ドン・バージェス
【出演】ジェイク・ギレンホール ミシェル・モナハン ヴェラ・ファーミガ 
    ジェフリー・ライト


ミッション8_convert_20111115140433

昨日の月曜日(マイカルシネマのレディスディー)に映画『ミッション:8ミニッツ』を観に行ってきました。

ギリギリまで『コンテイジョン』とどちらを観るか迷ったのですが、『コンテイジョン』は何かストーリーが読めちゃって……。
で、こちらの映画をチョイスしました。

予告を観た時に「あ、ちょっと面白そう」と思ったものの最近のアメリカのテレビドラマにありがちな題材っぽかったので「収拾がつかないで終わるかも」と言う危惧がありました。

でも予想外に面白かったです。
あまり予備知識が無かったのと多大な期待をしかなったのがよかったのか、ずっと「どうなっちゃんだろう?これ」ってハラハラドキドキした思いで観ていられました。
スピード感もあり、観てる間中ずっと引き込まれましたね~。

SFなので、パラレルワールドでタイムパラドックスで、でもヒューマンドラマで恋愛ドラマで……。

ああ、盛りだくさん!

警告:このラスト、映画通ほどダマされる。との煽り文句あり。

ダマされると言うか……実は「どゆこと?」ってよくわからなかったのが本心。(笑)
何処をどうしたらダマされたって事なんだろう?

「きっとこう言う事なんだろうな」とは思えるのですが、でもそうすると「あれはどうなっているの?」って疑問も浮かび上がって……。

元々、あまり深く物事を考えずに映画を観ているのでラストを予想せずに流れるまま映画を観て、見終わった後、「あれは何だったんだろう?」とかじっくり考えました。
ダマされた感はありませんでしたねぇ。

後々考えるに、たぶん『ダマされる』ってのは、ラストに「良いように終わる雰囲気だったのを裏切ってドッカンするんだろう」って思わせてるのだと……。(違うのかな?)
パラレルワールド的な話はどうしても矛盾が生じるので「あれはどういう事なの?」って疑問が残りますね。

タイムパラドックスって考えれば考えるだけループしちゃって訳が分からなくなっちゃう。
で、最後には考える事を放棄。(笑)

あまり突き詰めて書いちゃうとネタバレになるので詳しくは言いませんが、
要は面白いか、面白くないか。
その矛盾が許せる範囲か、ちょっと無視出来ない範囲かって事ですね。

この映画はネタバレしちゃうと台無しだから。

言わせてもらうなら『何事も無い日常が何物にも代え難い素晴らしい事』ってのが隠れた(いや、隠れてはいないか)テーマなのでしょう。

日頃つまらない事で悩んだりイライラしたりしないで無事に生きている事を喜びに感じましょう。


映画を観てて「出演者、誰1人知らんわ」と思いましたが、主演のジェイク・ギレンホールとやらの俳優さん、『デイ・アフター・トゥモロー』でジャックの息子のサム役をやっていた人だったんですねぇ。
実は我が家にはこの『ディ・アフター・トゥモロー』のDVDがあるのですが全然気がつきませんでした。
だって『ディ~』ではピチピチの高校生役だったのに7年経ったこの映画では頬がこけた髭面の将校さんの役なんですもの。(笑)

家に帰って『ディ~』のDVDを見直したら「あ、やっぱりあの人だ」って。(笑)
結構濃ゆ~い顔をした俳優さんなのに気がつかなかったとは、ぬかった!


この映画の監督さん、ダンカン・ジョーンズのデビュー作『月に囚われた男』が評判良いそうで、今度レンタルして見てみようと思いました。


ランキング参加中!
応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございます。
スポンサーサイト

theme : 洋画
genre : 映画

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

斑点ゾンビさん、こんにちは。
ウチは昨日(火曜日)、見てきました。
まったく同感で
「警告:このラスト、映画通ほどダマされる。」には・・・?でした。
パンフレットによると、あのエンディングは脚本にはなく
ダンカン・ジョーンズ監督のアイデアで、加えられたと、書かれていました。
あのエンディングで、良かったのか?、悪かったのか?(笑)
O夫

Oつまも同じです!考えれば考えるほど、無限ループでした~。
宣伝コピーって、はぁ!?と思うこと、しばしばですよね。
最近で、一番しっくりこなかった(軽い怒りすら覚えた)コピーは
「俺様、神様」ですe-447
Oつま

ご夫婦で

コメント、ありがとうございます。

>O夫さん。

パンフレットをお買いになったのですね。

どうにもループしちゃって頭の中がモヤモヤしてたので映画を観終わった後にネットで他の方のレビューを読みました。

中には「なるほど、そんな解釈もあるのか~」て事も書かれていて考えを補足するの大変助かりました。
「パンフレット必見!」って意見もあって、ちょっと読みたいと思っていたところにO夫さんの『パンフによるとあのエンディングは脚本には無かった』とのコメントに「へぇ~、そうだったのか」と、こちらも大変助かりました。(笑)

でもレビューでは「ラストの5分はいらなかった」と言う意見も多かったですね。

私の意見としましては『痛し痒し』です。
無かった方がすっきりしたキレイな終わりをしたと思いますが、無かったらあの球体っぽいオブジェの謎がわからないままだったし、グッドウィンへのメールの問題もあるし……。

ああ、またここに来てループが。(苦笑)


>Oつまさん。

ホントにあのループは考え過ぎて気持ち悪くなっちゃいました。(笑)

観終わった後、ご夫婦でいろいろ意見交換をなさったんでしょうね。
羨ましい~。

私はお一人様で観に行ったので「あれはどう解釈したらいいの~?」って事を誰にも話せなくて消化不良もいいところ!

レビューに書かれている事をふまえてもう一度、じっくり観てみたいと思う映画でした。
プロフィール

斑点ゾンビ

Author:斑点ゾンビ
所在地:千葉県
血液型:A型

読書・映画鑑賞・温泉・ドライブ、そして国内外の旅行と酒を愛する女

体育会系のような、文系のような、腰の重いアクティブ派?

入国者数
アナログ時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村
ポチッとクリックをお願いします。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ翻訳
お好きな国の国旗にクリックを。 その国の言語になります。
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
javascript電卓
電 卓
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
電力使用状況&電気予報
節電を心がけよう!
金魚
TOEICボキャドリル
さあ、あなたもチャレンジ!

自作オセロ
by some-news
漢字間違い探し

間違っているものをクリックしてください



powered by Youtube動画

12星座ランキング
developed by 遊ぶブログ
カーエルの予言
健康BMI
ajaxblogparts
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。