スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドンの交通歴史を学ぶ博物館

第2日目 1996年1月18日(木)午後 
ロンドン辻馬車
*2頭立ての馬車 

ロンドン交通博物館。

ここでは英国の交通の歴史が学べます。
入場料は4ポンド25ペンス(1996年当時価格)

ボンネットバス
*ボンネットバス 

辻馬車からクラシックカー、古いタイプの二階建てのバス・蒸気機関車の車両の展示まで様々な鉄道・バスの展示がなされてて、世界でもいち早く交通機関の発達した英国の底力を感じました。

2階建てバス
*2階建てバス 

ボンネット付きの2階建てのバスは後ろから乗り込むタイプでちょっと前まではロンドンの街を当たり前のように走っていましたが今では滅多にお目にかかれないようで……。

初めてロンドンに行った1991年にはまだまだ普通に道路を走っていたものですが……と言うか、当時はこちらの方が主体だったように思えます。

今はほぼワンマンバスに。

バス
*バス 

展示されている乗り物の多くはこうやって乗り込む事の出来るものばかり。
もちろん運転は出来ませんけど。(笑)

バスの運転席
*運転席でご満悦 

館内を見学してたら博物館の人が「チケットを拝見」と声をかけてきました。

チケットと言っても入館する時にもらったレシートの事なのですが、こうやって普通に館内を見学中に声をかけてくるって事はもしかしてタダ見してる人が多いのかな?
実際やろうと思えば見学の最後にあるショップから逆走して不法に入ってくる事も出来そうです。
ショップだけなら入場料を払わなくても入れるスペースですからね。

交通博物館
*ガイドと入場料のレシート 

もちろん私はちゃんと入館料を払っているので「ちょっと待って」とバッグにしまい込んだレシートを見せて事無きを得ました。(笑)

レシートをテープでガイドに貼ってくれたのはチケット売り場のお姉さんです。

館内図
*館内図 

蒸気機関車
*蒸気機関車 

他にも蒸気機関車など、交通に関する展示物で満載でした。

こういう施設は子どもたちが喜びそうですよね?
ロンドンにはこう言った社会科見学になりそうな施設がいっぱいあります。

電車の座席
*蒸気機関車の座席 

「なんかどこかで見たような座席だな~?」とお考えの方。
たぶん映画『ハリー・ポッター』では?

ハリーたちがホグワーツ魔法学校に行くために乗る列車の座席がこんな感じでしたよね。


ランキング参加中!
応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。
スポンサーサイト

theme : 海外旅行
genre : 旅行

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斑点ゾンビ

Author:斑点ゾンビ
所在地:千葉県
血液型:A型

読書・映画鑑賞・温泉・ドライブ、そして国内外の旅行と酒を愛する女

体育会系のような、文系のような、腰の重いアクティブ派?

入国者数
アナログ時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村
ポチッとクリックをお願いします。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ翻訳
お好きな国の国旗にクリックを。 その国の言語になります。
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
javascript電卓
電 卓
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
電力使用状況&電気予報
節電を心がけよう!
金魚
TOEICボキャドリル
さあ、あなたもチャレンジ!

自作オセロ
by some-news
漢字間違い探し

間違っているものをクリックしてください



powered by Youtube動画

12星座ランキング
developed by 遊ぶブログ
カーエルの予言
健康BMI
ajaxblogparts
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。