スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『日輪の遺産』を観に行ってきました。(ネタバレ注意!)

日輪の遺産

【ストーリー】
昭和20年8月10日、帝国陸軍の真柴少佐(堺雅人)は、軍トップに呼集され、ある重大な密命を下された。それは現在の価値で約200兆円のマッカーサーの財宝を隠すというもので、真柴は極秘任務を遂行するが、やがて任務の終わりが見えたころ、勤労動員として駆り出された20名の少女たちに非情極まる命令が出され……。

太平洋戦争終結間近の夏、祖国の復興を願い、GHQ最高司令官マッカーサーの財宝を盗み出した帝国陸軍将校たちと20名の少女たちに待ち受ける壮絶なドラマを描くエンターテインメント巨編。ベストセラー作家・浅田次郎本人が映像化を熱望した原作を、主演に『武士の家計簿』の堺雅人、監督に『半落ち』の佐々部清を迎えて実写化。戦後60年以上を経た現在、自国の未来をいちずに思い憂いたかつての日本人のプライドに感動を禁じ得ない。

【公開日】  2011年8月27日
【製作年】  2011年
【製作国】  日本
【上映時間】 134分
【配給】   角川映画
【監督】   佐々部清
【出演】   堺雅人 中村獅童 福士誠治 ユースケ・サンタマリア 八千草薫 
       麻生久美子 ミッキー・カーチス

日輪の遺産2

月曜日のレディースデーを利用してお一人様で”日輪の遺産”を観てきました。
映画が映画なだけあって観客は高齢者が多かったですね。
観たのが昼間の回だったせいか、通路側の席はすでに全部埋まっていたので中心からちょっと外れた後ろの方の席をチョイスしました。

原作者は浅田次郎。
映画は原作とはちょっと設定を変えて作られたらしいのですが、私は原作を読んでいないので映画でしか内容を計り知る事は出来ません。

で、感想と言ったら…………「う~~~~~~ん?」と唸ざるをえません。
なんと言うかいろいろ納得出来ない事が多くて……。

観ていてはじめ「誰が青酸カリを盗み出したの?そして少女たちを集団自決に追い込んだのは誰?」と言う疑問が浮かびました。(正直言うとあのマントの謎の将校がやったのかと)
観ているうちに「ああ、そう言えばそんな伏線が張られてたな」と納得するのですが、それでも少女たちが彼女たちだけで死を選択をするにはあまりにも時間が無かったし、19人もの少女たち皆がそんな短い時間で納得して自ら服毒したのかって事でした。

信頼していた先生にも相談せず、任務を遂行していた軍人に強制されたわけでもないのに……。
まだ12~13歳の少女がですよ、いくら軍国主義の教育を受けていたとしても自分が死ぬって事をそんなに軽く(本人たちに取っては軽くなかったのかもしれませんが)受け止められるものでしょうか?
マツさんという戦争に対してあんなしっかりした考えを持っている少女がクラスの中にいたにも関わらず。

私だったら逃げるよ、脱兎の如く。
「みんな、それでいいの?もっとよく考えようよ」と命根性汚く生にしがみつきますよ。
そんな事が許される時代じゃなかったかもしれませんが、玉音放送を聞いた直後ですよ。
戦争はもう終わったのになぜ死ななくてはいけないのって思います、絶対!!

そして、どうして級長の久枝だけを残したの?


あまりの「???」な展開に疑問が先に来ちゃって泣けませんでした。

私の両隣りに座っていた2人のご高齢の女性は(2人ともそれぞれお一人様)少女たちが集団自決する場面や「ここ、泣くところ」って場面に洟をすすっておられました。
たぶん終戦時、映画の中の少女たちと同年代くらいの年齢にお見受けしたので自分と重ね合わせていらしたのかもしれません。


望月曹長を演じていた中村獅童と、引率の野口先生役のユースケ・サンタマリアはいい演技をしていましたね。
特に望月曹長は映画の中で真柴少佐(堺雅人)が言っていたようにとっても「いい男」でした。

マッカーサー元帥が財宝の在処を突き止めて防空壕の中に入った時に、自決したままに残されていた少女たちの遺体(白骨)を目の当たりにして、財宝をそのままにし防空壕の入り口をコンクリートで埋めさせた事もちょっと疑問に残る箇所でした。
そりゃあのシーンを見せられたらショックだろうけど、財宝は200兆円ですよ。
そのまま見なかった事にするにはあまりに多額に過ぎます。

ていうか、マッカーサー元帥が来るまでに部下が片付けておくものだと思うのですが……。

あと、最後に野口先生と集団自決した女生徒が幽霊となって現れる場面はちょっと興ざめでした。
生き残った久枝にだけ見えるのならともかく、同行した孫娘&その婚約者も同じものを見ているのには驚きましたね。
「え~~~~~~~~?????? 」てな感じ。

私がウルッと来たのは曹長が亡くなったくだりだけでした。


ランキング参加中!
応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございます。
スポンサーサイト

theme : 邦画
genre : 映画

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんわ~^^
うっ・・・。出演者がよくて、ちょっと気になっていた映画だったので、見るかどうするか?悩んでいた映画なんですよー。
堺雅人さんが好きなのですe-266
(まぁ、絶対にレディースディを外さないわたしなので、見られる本数は少ないのですが・・・。)

なんだか書かれてるストーリーだと本で読んでから、WOWOWで放送されるのを待つほうがいいかな?

次は何を観られますか~??

原作は良さげなのですが……

こんばんは、ちえぞうさま。

何の前知識も持たずに観たのが良かったのか悪かったのか?
他の観客やレビューを読んでみるとそれなりに感動している人もいらっしゃるので感想は人それぞれだと思います。

しかし、割と物事を鵜呑みにしがちで何でもツルッと受け入れる私にしては引っかかるところが多かった作品でした。
史実だと言うのならそのまま受け入れるのですが………。

堺雅人さん、『ゴールデンスランバー』の青柳役の人ですね。

次は……そうだなぁ~、『世界侵略:ロサンゼルス決戦』辺りを狙ってみるかな。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

斑点ゾンビ

Author:斑点ゾンビ
所在地:千葉県
血液型:A型

読書・映画鑑賞・温泉・ドライブ、そして国内外の旅行と酒を愛する女

体育会系のような、文系のような、腰の重いアクティブ派?

入国者数
アナログ時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村
ポチッとクリックをお願いします。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ翻訳
お好きな国の国旗にクリックを。 その国の言語になります。
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
javascript電卓
電 卓
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
電力使用状況&電気予報
節電を心がけよう!
金魚
TOEICボキャドリル
さあ、あなたもチャレンジ!

自作オセロ
by some-news
漢字間違い探し

間違っているものをクリックしてください



powered by Youtube動画

12星座ランキング
developed by 遊ぶブログ
カーエルの予言
健康BMI
ajaxblogparts
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。