スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憧れのマナーハウスなのに…

貴族の館 正面
*マナーハウス

ストラットフォード・アポン・エイヴォンから車でちょっと行ったところに『ビルズリー・マナーハウス』がと言う貴族の邸宅があります。
この日は憧れのマナーハウスに2連泊です。

ところがせっかく楽しみにしていたマナーハウスなのに、そこに向かうバスの中から徐々に気分が悪くなってきて、着いた頃には立っていられない状態までに陥ってしまいました。

普段は比較的ツアーの中では若者(?)の部類に入る私は遠慮して添乗員さんがチェックインして鍵を渡すまでの間はロビーで立って待っているのですが、その時は凄い寒気がしてガタガタ震えちゃってたので失礼して人数分無いソファーに座らせてもらっちゃいました。
添乗員さんの連絡事項(明日の出発時間や部屋番号、添乗員さんの部屋の内線電話番号など)も半分しか耳に入らず、とにかく「早く部屋に入って風呂に浸かって温まりたい~」って気分でした。

こんな事は初めて
過去、私は旅先で病気をした事は皆無でした。
取りあえず用心に毎回薬は持って行くのですがほとんど服用した事も無く元気はつらつだったに……、この事態にかなりの不安感が。

お風呂に入っても気分は回復せずそのまま倒れるように就寝、朝方気分が悪くて目が覚めトイレでリバース。
お腹も下痢ピーでした。

心配した相方が「今日の観光はパスして一日部屋で休んでいたら?(2連泊なので)」と忠告してくれたのですが、その日はまだ行った事の無いバートン・オン・ザ・ウォーターに行く予定だったので「這ってでも行く」とツアーを敢行

幸い、上から下から出す物出しちゃったら気分の悪いのは治りました。
朝食も紅茶と果物を1~2口だけ食べて出発。

貴族の館 食堂
*こんな素敵なダイニングなのに、気分はトホホ……

マナーハウス・応接室
*談話室

マナーハウス・応接室2

貴族の館 天井
*ダイニングの天井  


ランキング参加中!
応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございます。
スポンサーサイト

theme : イギリス
genre : 旅行

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斑点ゾンビ

Author:斑点ゾンビ
所在地:千葉県
血液型:A型

読書・映画鑑賞・温泉・ドライブ、そして国内外の旅行と酒を愛する女

体育会系のような、文系のような、腰の重いアクティブ派?

入国者数
アナログ時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村
ポチッとクリックをお願いします。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ翻訳
お好きな国の国旗にクリックを。 その国の言語になります。
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
javascript電卓
電 卓
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
電力使用状況&電気予報
節電を心がけよう!
金魚
TOEICボキャドリル
さあ、あなたもチャレンジ!

自作オセロ
by some-news
漢字間違い探し

間違っているものをクリックしてください



powered by Youtube動画

12星座ランキング
developed by 遊ぶブログ
カーエルの予言
健康BMI
ajaxblogparts
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。