スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東西分裂の象徴 ”ブランデンブルク門”

ブランデンブルク門2
*ブランデンブルク門

ギリシャのアクアポリスをモチーフとして1791年に造られた物。

東西分裂の象徴となった門で、高さは20mあるそうです。
当然、分裂時代は通行禁止でした。

ブランデンブルク門
*ブランデンブルク門のカドリガ

4頭立ての馬車に乗る勝利の女神の像がある天辺に人が立っているのを見ました。
「あそこって上れるんだ~」と、ちょっと驚き!

ブランデンブルク門・横長

この勝利の女神像は過去にナポレオンによってパリに持ち帰られたらしい。
後に返還されたけど、第二次世界大戦で破壊され、今のこれは復元されたものです。

さすがに勝利の女神も爆撃には敵わなかったらしい。

議会議事堂
*連邦議会議事堂(ライヒスターク)

ブランデンブルク門の近くにあって、門を見学した後に行ってみたら…………布に包まれていました。(笑)
クリストというアーティストが包んじゃってたんですねぇ。

このクリストと言うのは夫妻で活動してる芸術家で、何やら大きなものを布で包む事で有名。
他にもアメリカコロラド州の谷に巨大なカーテンを下げたり、パリのポン・ヌフ橋を梱包しちゃってます。

議会議事堂・横

連邦議会議事堂(旧帝国議会議事堂)の梱包は24年間に渡る長期プロジェクトで、1995年のわずか2週間だけの公開だったらしいです。

ちょうど私がベルリンに行った時期とドンピシャだったわけですね。
包まれていない議事堂が見られなかった事を嘆くべきか、包まれているレアな議事堂を見れた事を喜ぶべきか、それが問題だ。(笑)


この議会議事堂、1894年に建造されたが第二次世界大戦で破壊され、1971年に再建されました。


ランキング参加中!
応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございます。
スポンサーサイト

theme : ヨーロッパ旅行
genre : 旅行

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

完全に布に包まれていますね。
アート性は私にはわかりませんが、確かに珍しい!!
あんなに大きな建物をよく覆ったなあと思います。
中で働いている人はどうしていたのでしょうね~?

アート性

それは私にもわかりませんが、珍しさだけで得した気分でしたね。(笑)

そう言われてみたら、働いていた人って何処から出入りしてたんだろう?
いや、そもそもこの建物で仕事をしてたんだろか?

いつか包まれていないバージョンも見てみたいです。
プロフィール

斑点ゾンビ

Author:斑点ゾンビ
所在地:千葉県
血液型:A型

読書・映画鑑賞・温泉・ドライブ、そして国内外の旅行と酒を愛する女

体育会系のような、文系のような、腰の重いアクティブ派?

入国者数
アナログ時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村
ポチッとクリックをお願いします。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ翻訳
お好きな国の国旗にクリックを。 その国の言語になります。
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
javascript電卓
電 卓
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
電力使用状況&電気予報
節電を心がけよう!
金魚
TOEICボキャドリル
さあ、あなたもチャレンジ!

自作オセロ
by some-news
漢字間違い探し

間違っているものをクリックしてください



powered by Youtube動画

12星座ランキング
developed by 遊ぶブログ
カーエルの予言
健康BMI
ajaxblogparts
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。