スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お財布を無くしちゃった~!

インバネスのお城
*インヴァネス城

同じツアーで一人参加してたおばさまがカローデン古戦場のビジターセンターでお土産を買った時にサイフを出してそのまま置き忘れて来ちゃったと言う事件(?)がありました。

お財布には何十万円か、とにかく全財産が入っててそれに気がついたおばさまは真っ青。
そりゃそうですよね、実質ツアー初日の観光で全財産を無くしてしまったのですから。
私たちがインヴァネス城とか楽しんで観光してる間も不安でたまらなかったでしょうね。

とにかく慌てて添乗員さんがビジターセンターに連絡を入れて確認したところ、センターの人が警察にサイフを届けてくれた事がわかって「わぁ~、スコットランドの人って親切。よかったですねぇ~。」と言う事に。

その日の行程である観光地を一通り見学してからホテルに帰る途中、インヴァネスの警察署の前の道にツアーバスを横付けしておばさまのサイフは無事に返ってきました。

ガイドさんとおばさまが二人で警察署に入り、サイフ返却の手続きを取っている間、バスの中で添乗員さんが「外国でサイフが返って来る事は稀な事だからみなさんも気をつけてください。」と注意勧告してくれました。

添乗員さんは他にも、貴重品だからと全財産の50万円を封筒に入れてホテルの枕の下に入れて寝たら、翌日そのまま忘れちゃったお客さんの話もしてくださいました。
移動中のバスの中でそれを思い出したお客さん。
添乗員さんがホテルに電話して聞いてみたら既に無くなっていたという悲惨な体験談でした。

話を聞いて「うわぁ~~~~、それは痛い経験だ~~~~。もしそれが自分だったら……」と思うとゾ~~~っと背筋が寒くなりました。

そのおばさまは運が良かったのですね。
おばさまにとってスコットランドの地が苦いものにならなくて本当によかったです。

おばさまは後で「ツアーの皆さんにご迷惑をかけたから」と、チョコレートを買って配ってくださいました。

インバネス城の像
*フローラ・マクドナルドの像

1746年、カローデンの地でイギリス政府軍と戦ったハイランドのジャコバイト軍。
そのジャコバイト軍の将であった、通称ボニー・プリンス・チャーリーの逃亡を助けた罪で2年間ロンドン塔に幽閉されたフローラ・マクドナルドの像がある。

インバネスの町*
*ネス川とインバヴァネスの町


ランキング参加中!
応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ イギリス旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございます。
スポンサーサイト

theme : イギリス旅行
genre : 旅行

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斑点ゾンビ

Author:斑点ゾンビ
所在地:千葉県
血液型:A型

読書・映画鑑賞・温泉・ドライブ、そして国内外の旅行と酒を愛する女

体育会系のような、文系のような、腰の重いアクティブ派?

入国者数
アナログ時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村
ポチッとクリックをお願いします。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ翻訳
お好きな国の国旗にクリックを。 その国の言語になります。
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
javascript電卓
電 卓
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
電力使用状況&電気予報
節電を心がけよう!
金魚
TOEICボキャドリル
さあ、あなたもチャレンジ!

自作オセロ
by some-news
漢字間違い探し

間違っているものをクリックしてください



powered by Youtube動画

12星座ランキング
developed by 遊ぶブログ
カーエルの予言
健康BMI
ajaxblogparts
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。