スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パスポートが1つ足りな~~~いっ!!

ハンガリー国境
*オーストリアとハンガリーの国境検問所 

ウィーンを後にしてツアーバスは最終観光地であるハンガリーに向かいます。


こういう地続きで入国する場合、ツアーでは一人一人審査してスタンプを押してもらうという面倒な事はしません。
添乗員さんがお客さんのパスポートを集め、まとめて入国の手続きをしてくれます。

その間、私たちはツアーバスの中で待っていればいいのですからやっぱりパックツアーは楽でいい

しかしここでトラブル発生!
添乗員さん曰く「パスポートが1つ足りない」

バスがハンガリーに向けて走行中、添乗員さんが「これからハンガリーの入国手続きをしますから後ろからパスポートを回して下さい」と言ってみんなのパスポートを集めたはずなのに……。

もうすぐそこが国境検問所なのに1つでもパスポートが足りないとツアー全体がハンガリーに入国出来ないので、バスを検問所手前の路肩に止めます。

「今一度、自分の荷物を確かめて、手で触ってパスポートがあるかどうか確かめてください」と何度も言う添乗員さんでしたが、誰も申し出ない。
添乗員さんも何度もパスポートの数を数えているのですがどうしても1つ足りないようです。


そんな様子を添乗員さんのすぐ後ろの席に座っていた私たちは見ていました。
ツアー客のリストとパスポートの名前を照らし合わせて誰のが足りないのか調べていましたがけっこうな手間がかかっているご様子。
「お手伝いしましょうか?」と申し出て「ミスター田中、ミセス田中」と私らが読み上げて「はい、あります」と添乗員さんがリストをチェックするという連係プレーで誰のパスポートが足りないか調べました。

そして遂に一人参加の女性のパスポートが足りない事が判明。
添乗員さんがその人の座席まで移動し、確かめていただいたところ…………

ありましたよ、ウエストポーチの中にパスポートが

いくら添乗員さんが確認をお願いしても自分だとは思ってなかったようで……。

「おいおい」って感じでしたが、やっと全員のパスポートが揃って無事にハンガリーに入国する事が出来ました。

ハンガリービザ
*ハンガリーの入国ビザ

ハンガリー入国にはビザが必要。
旅行前にパスポートを旅行会社に預けてハンガリー大使館でビザを取得していただきました。
自分で取りに行く事も出来たけど、やはり手間なので。


ランキング参加中!
応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございます。
スポンサーサイト

theme : ヨーロッパ旅行
genre : 旅行

恥を忍んで「エクスチェンジ プリーズ」

オーストリアコイン
*オーストリアの硬貨(シリング&グロッシェン)

たぶんご夫婦や友人同士で海外旅行に参加されてる人はやっていると思うのですが、私らも入国して最初にする両替は計算しやすいように同額を出しあって二人一緒に両替します。
そしたら手数料は1人分で済みますからね。

出来れば入国時の一回の両替で済ませれば一番良いのですが、明日はハンガリーに入国という日にオーストリアシリングがビミョ~に足りない……。

今夜の枕銭
移動中に立ち寄るトイレでおばさんに支払うお金
ランチの飲み物代

せいぜい2人で1000円もあれば賄えるのですが、私も相方ももうお金が無い。

どうしようかと思い悩み、2人で1000円だけ両替しようという事になりました。
1人500円なので本当に飲み物代で終わってしまうような金額です。

1000円札1枚を握りしめてホテルのロビーへ下り「エクスチェンジ プリーズ」と両替えカウンターへ。

…………が、たった1000円だけ両替するのって凄く恥ずかしかったです。

両替してくれたホテルのお兄さんも「この金額で良いんですか?手数料は同じですよ」と念を押してきました。
「はい、結構です」と両替してもらいましたが、お兄さん「あんたら1000円って何?たった1000円だけ両替?しかも二人で?……どんだけ貧乏なんやねん」って思っただろうな~。

いいんです、1000円で。
読みが外れてオーストリアシリングが足りなくなったのは凄く負けた気分だけどしょうがない。
手数料分、良い勉強させていただきました。(どんだけケチなんだ

大きな買い物がある場合はクレジットカードを使用すればいいし、1ヶ国を重点的に廻るツアーならいつもせいぜい2~3万円くらいしか替えないんです。

しかし今回は5ヶ国周遊なので1ヶ国いくら両替したらいいのか読みが外れました。
悔しい!!


ランキング参加中!
応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

theme : ヨーロッパ旅行
genre : 旅行

社交ダンスは欧米人の嗜み?

ウィーンへの道

”ウィーンの森” 観光からウィーンに戻ってまいりました。

船上レストラン*
*船上レストラン”DDSヨハン・シュトラウス”

この日のランチは船上レストラン。
船の舳先にあるのはヨハン・シュトラウスの像。
ベタで分りやすい。(笑)
とってもウィーンっぽくてこういうの、観光客は喜ぶだろうな。

中ではバイキング形式の食事が。
自分たちで食べる分だけ皿に盛り、ビールで食す!
バイキングってあれもこれもと目が欲しがりますよね~。

もちろんお客は私らツアーだけじゃないからグズグズしてると無くなってしまう料理も。

ウィーン船上演奏

船内では優雅に生演奏のクラシックも流れます。

ウィーン船上レストラン

民族衣装に身を包んだスタッフがダンスを披露してくれました。

ウィーン船上ダンス

それをきっかけにお客も踊りだします。

欧州の人はみな社交ダンスを嗜んでいるので、こういう時は楽しめていいですね。
近年では日本でも熟年層を中心に社交ダンスがブームになって、日本からのツアー参加の熟年ご夫婦もダンスに参加。

あ、私は踊れませんよ。
なので、ひたすらビールを飲み、食事を食べ、時々甲板に出て風に当たったり、写真を撮ったりしてました。

踊れたら楽しいんだろうな~とは思いますねぇ。


ランキング参加中!
応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

theme : ヨーロッパ旅行
genre : 旅行

映画で見るマイヤーリンク ”うたかたの恋”

シューベルト博物館
*シューベル博物館 ”ヘルドリッヒスミューレ”

ヘンドリッヒスミューレ

シューベルトが『菩提樹』を作曲した場所と言われています。

ペスト塔
*ハイリゲンクロイツ修道院

その庭にある”ペスト記念塔”

マイヤーリンク尼僧院
*マイヤーリンク尼僧院

ここは映画『うたかたの恋』で有名なハンガリー帝国の皇太子ルドルフと17歳の男爵令嬢マリー・ベツェラが心中した現場なのですって。(通称『マイヤーリンク事件』)

そうは聞いても『うたかたの恋』自体に馴染みが無いので「ふ~~ん」という反応しか出来ませんでした。

『うたかたの恋』……タイトルは聞いた事あるんですがさすがにそこまで古くない。(苦笑)
1935年のフランス映画。

この事件、ぼんやりと「身分違いの恋に最後は心中を選んだ」くらいにしか思っていなかったけど、調べてみるといろいろ複雑なようです。


皇太子ルドルフがマリーに出会った時には彼はもう結婚していて子どもまでいましたが、もともと夫婦仲はとても悪かった。
ルドルフは貴族専門の娼婦や女優と浮き名を流してて、ミッツィ・カスパルと言うお気に入りの女性がいた。

1888年にマリー・ベツェラと出会い教皇に当てて離婚の申請をしたが却下されている。
この申請がきっかけになって父帝にマリーとの事がバレて叱責される。
翌1889年1月30日には、ここマイヤーリンク尼僧院(当時は皇太子の別荘=猟銃館)で猟銃を使い心中する事になる。
午前6時10分、ルドルフの部屋からの2発の銃声を聞いた執事が駆けつけるとベッドの上でルドルフとマリーが血まみれになって死んでいた。

しかし後に皇后ツィタが実は彼らは憤死ではなく暗殺だと言う衝撃的な告白する。
事件の2日後にマイヤーリンク近くの家具職人が片付けをするために室内に入ると激しい争いの後が見受けられたらしい。
壁にも弾痕や血痕が残っていたし、銃声は2発ではなかったようだ。
現場に駆けつけた当局者の話ではルドルフの右手は手首からサーベルで切断されていたと証言したという。

真相は第一次世界大戦でうやむやにされてしまった。

う~~~ん、ミステリー。


ランキング参加中!
応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

theme : ヨーロッパ旅行記
genre : 旅行

あれ?反対方面のプラットホームが無い~っ!?

モーツアルトのコスプレ
*モーツアルトのコスプレサンドイッチマンさん 

食事が終わり、オペラ座を横目で見つつケルントナー通りに入りました。

「次は何処を観光かな~?」と思っていると、連れて行かれたのは免税店。
ツアーじゃ、もうこれはしょうがないなと思いつつ、免税店で売っているようなブランド品に興味がまったく無い私と相方はいつもこの時間を持て余しています。
添乗員さんに「どの位ここにいるんですか?」とお聞きすると「1時間です」との事。

1時間か~~~っ、長いな~~~。
この時間を何か有効に活用出来ないかな~~?


てな事で、相方と相談して地下鉄で1つ隣り駅にある市立公園のヨハン・シュトラウス像の写真を撮って来ようという事になりました。

「時間までにはここに戻ってきます」と一言添乗員さんにお断りを入れて免税店を出ます。
さあ、制限時間は1時間。
地下鉄に乗るべく、シュテファン大聖堂方面へガシガシ歩く。

途中、ケルントナー通りにモーツアルト(だと思うけど)のコスプレをしたサンドイッチマンがいました。
この暑いのにズラまでかぶって大変そう。
全身バナナの着ぐるみのサンドイッチマンもいて、こちらはさらに暑そうでした。
写真撮っておけばよかった。(笑)

ウィーンの花屋
*公園にいた花屋さん 

シュテファンスプラッツからシュトゥーベントーアまでの地下鉄チケットを買い、見よう見まねで改札をくぐり、無事に市立公園へ到着。

シューベルト像
*シューベルト像 

ツアーでもらった簡単な地図を片手に、広い公園の中をシュトラウス像目指して移動。
途中、他の人の像もあったのでついでに撮影。
「誰?これ」って感じでしたが、後にシューベルト像と判明。(笑)

ヨハン・シュトラウス像
*ヨハン・シュトラウス像 

「それ、次だ!」とお目当てのヨハン・シュトラウス像に無事到着し激写した後、折り返しの時間になったのでもと来た道を戻り地下鉄の駅へ。

が、しかし………
あれ…?反対側に行くプラットホームが無い~~!何で~?

「おっかしいなぁ~」とウロウロしてると親切なお兄さんがすかさず「May I help you?」と救いの手を差しのべてくれました。
「ワタシタチ シュテファンスプラッツ二 イキタイノデスガ……」と拙い英語で質問すると「シュテファンスプラッツ行きの地下鉄ホームはこの下です」と教えてくれました。

そうなんです、ウィーンの地下鉄って上り・下りホームが地下一階、地下二階と分かれていたんです。
日本だと反対ホームは同じ階の向こう側にあるじゃないですか。
こりゃ教えてもらわなくては分かりませんでしたね。

ありがとう、親切なウィーンのお兄さん。
「サンキュー」とお礼を言って地下鉄に乗り、ガシガシ歩いて免税店へ。

はい、ちゃんと時間内に戻る事が出来ました。
ミッションコンプリート!!


ランキング参加中!
応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

theme : ヨーロッパ旅行
genre : 旅行

プロフィール

斑点ゾンビ

Author:斑点ゾンビ
所在地:千葉県
血液型:A型

読書・映画鑑賞・温泉・ドライブ、そして国内外の旅行と酒を愛する女

体育会系のような、文系のような、腰の重いアクティブ派?

入国者数
アナログ時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村
ポチッとクリックをお願いします。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ翻訳
お好きな国の国旗にクリックを。 その国の言語になります。
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
javascript電卓
電 卓
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
電力使用状況&電気予報
節電を心がけよう!
金魚
TOEICボキャドリル
さあ、あなたもチャレンジ!

自作オセロ
by some-news
漢字間違い探し

間違っているものをクリックしてください



powered by Youtube動画

12星座ランキング
developed by 遊ぶブログ
カーエルの予言
健康BMI
ajaxblogparts
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。