スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナミュールの古城巡り

第6日目 1998年5月10日(日)お昼~午後 
ビールで乾杯_convert_20110723182333
*ランチ 

各々、ブリュッセルの観光を終え、グランプラス近くにあるホテルに集合して専用バスにて移動します。
ランチは次の移動先、ナミュールの市内レストランにて。

アルデンヌ地方の 名物生ハム をいただきます。
もちろんビールも
「どんだけ飲んでいるんだ、こいつ」と言うツッコミは無しの方向で。(笑)

バーカウンターJPG_convert_20110723182413
*ランチをいただいたレストランのバーカウンター 

城_convert_20110723182229
*ヴェーブ城 

食事の後はアルデンヌ地方の古城巡り、ヴェーブ城見学

このお城はフランク王国後期王朝を築いたピピン1世の孫であるピピン2世が築城したらしいお城だそうです。

「これぞお城! 」って外観をしていると思いませんか?
5つの高い塔が特徴。

城と庭_convert_20110723182049
*ラボー・サンタンヌ城 

その後に訪れたお城は、ラボー・サンタンヌ城。
城内には狩猟博物館や自然史博物館、レストラン等があります。

ここは中に入って見学。

城内部_convert_20110723181955
*角の数々 

仕留めた動物たちの角が飾ってありました。
それはもう、壁いっぱいに!!

殺された動物たちの怨念が籠ってそうです。
鹿とも目線が合っているようで、ちょっと……………

どこぞの博物館?_convert_20110723182620
*絵ハガキから 

こちらは剥製コーナー?
イタチやら狐(?)やら鳥やら鳥やら鳥が飾れていました。

ブリュッセルのお城絵はがき_convert_20110723182500
*絵ハガキから 

ライトアップされた美しいラボー・サンタンヌ城。


ナミュールはブリュッセルの南東約60kmに位置しており人口10万人ほどの町です。
市内を流れる川はミューズ川。

観光後はいよいよルクセンブルク入り。

夕食はルクセンブルクの市内レストランでマス料理とモーゼルワインをいただきます。

本日の宿泊はNOVOTEL HOTEL(ノヴォテル ホテル)
本格的なルクセンブルク観光は明日から。


ランキング参加中!
応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

スポンサーサイト

theme : 海外旅行
genre : 旅行

ベルギーはチョコレート天国

第6日目 1998年5月10日(日)午前 

*ゴディバ(Godiva)本店前 

高級チョコレートの代名詞 ”ゴディバ”

グランプラスに面した場所に本店を構えるゴディバの前でさっそく記念撮影!
「へぇ~~~、ここが本店かぁ~~~ 」と滅多に食べた事無いにも関わらず、名前だけは超有名なゴディバに感慨ひとしお。(笑)
高級店なので恐る恐る中に入ってみると奇麗に箱入れされた高級チョコレートの数々。
見た目も奇麗だし箱もリボンも可愛い

ショーケースの中にもいろんな種類のチョコレートが並んでいました。

高くて買えないけどね
ま、見るだけならタダって事で

ゴディバはベルギー王室御用達のチョコレート店です。
ジョセフ・ドラップス氏が1920年代にブリュッセルに創業したのが始まり。

レオニダス_convert_20110722095450
*レオニダス(LEONIDAS)前にて 

こちらは庶民でも手が届く範囲のお値段が売りのチョコレート店、レオニダス。
グランプラスからちょっとハズれた、しかし充分に徒歩範囲内なので行ってみると
黄色い看板が目立つお店なのですぐわかりました。

お店の前ではショーケースにいろんな種類のチョコレートが並んでいて箱に入る数量のチョコをチョイスして箱詰めしてもらえます。

チョコによって値段が違うけどちゃんと箱に入った分のチョコの値段を計算してくれるので、後は自分の好み&おサイフと相談。

せっかくだからと私もお土産に購入。
普段は”アルファ○ットチョコ”とか”ネス○のキット○ット”とか”で○六のピーナッツチョコ”とか”明○のアーモンドチョコ”などを食べているので、私にはドキドキ破格の買い物でした。
不治の病の貧乏性が恨めしい。

1913年創業でお店の名前は創業者レオニダス・ケステキディス氏の名前をとっているそうです。
レオニダス・ケステキディス氏はギリシャ人の菓子職人でアメリカに移住し、後にゲントで開かれた万国博覧会にチョコを出品して金賞を受賞!
これがもとでブリュッセルに1号店をオープン!!
今では世界約40ヶ国の主要都市で2000店近くの店舗があると言うのだから大躍進ですね。

今では(私がベルギーに行った当時は日本にはまだ無かった)日本でも出店していて赤坂・銀座・代官山などの一等地にお店を開いている他、神奈川や千葉・埼玉・兵庫・大阪・京都、果ては岡山・香川まで勢力的に店舗展開をしています。


ところでここでちょっと事件が………。

以下、相方が目撃した証言から

私たちの隣りには中国人のおじさんがいたのですが、店員さんが清算とチョコを包む為に奥のカウンターに引っ込みショーケースに背を向けている瞬間、パクッと1つ摘んで口に中に入れたではありませんか。
ショーケースの中はもとより、上にもチョコを積み上げていたので客にも手が届く範囲で置いてあったのです。
しかしいくら庶民的なお値段とはいえ1粒200円前後はするチョコレートです。
おじさん、ヤバいんじゃない?
人はそれを万引きと言うのですよ。

もしかして中国ではこんな風に積み上がっている商品の1つを試食するのは当然の事で悪気は無くやってしまったのかもしれませんが、それにしても店員さんが背を向けた瞬間だったので、あまりにタイミングが良すぎました。

チョコレート_convert_20110722095247
*チョコレート

他にもベルギーの街にはいろんなチョコレート店がありました。
こちらはアントワープのお店です。
量り売りですね。

お菓子各種_convert_20110722095805
*アントワープのお菓子屋 

アントワープのマルクト広場に面したショッピングモールの中にあったお店。
チョコレートの他にもワッフル(写真中央上)などが売っていました。

ツアーのおばさまたちが買った工場生産のワッフルはたぶんこれ!

ちよこれいと_convert_20110722095643
*ブルージュのチョコレート店 

写真右下に写っているアーモンドやウォールナッツをトッピングしたチョコがとても美味しそうで、こちらも2袋いろんなチョコを取り混ぜてお土産に買って行きました。

ナッツ系のチョコ、大好きなんです

ちょっとここで後日談。
そうやって買って来たチョコレートですが帰って来た日本がとても暑くてお土産を渡す前に溶けそうでした。
5月だってのに常温で置いておくとチョコが溶けるって、どんだけの気温だったんだ、日本。
しょうがないのでお土産チョコは冷蔵庫で固め直して渡す事に………


ランキング参加中!
応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

theme : 海外旅行
genre : 旅行

グランプラス周辺を見て回る

第6日目 1998年5月10日(日)午前 
ブリュッセル2_convert_20110722002809
*市庁舎 

モーニングコールAM8:00
荷物回収AM9:00
ホテル出発がAM11:00

「11時~?」と思いましたが、どうってことない。
バスに乗って次の観光地ナミュールに行く前に、またもプチフリータイムでブリュッセルを各自で観光してくださいとの事なのです。

スーツケースは9時に回収されて専用バスに積まれているし、すっきり身軽にまずは昨日もちょっと見て回ったグランプラスへ。

写真の建物はグランプラスのランドマーク的なブリュッセルの市庁舎。
ゴシック様式の塔の高さは96メートルあります。
1402~1455年の間にヤコブ・ファン・ティエネンが建造。
塔のてっぺんにはブリュッセルの守護天使であるミシェル像が飾られているそうです。

高いところにありすぎて写真からはわかりませんね。

ブリュッセル_convert_20110722002612
*グランプラスの様子 

今日も花市が出ています。
後ろの市庁舎はデカ過ぎて写真に収まりきれません。

小鳥屋さん_convert_20110722002334
*マーケットの小鳥屋さん 

花市の他にもいろんな物が出回っていましたが、小鳥屋さんを発見。
種類別に鳥かごに入れられて売られていましたが、これを広場まで運ぶのって大変そう。
鳥のエサとかも売っているし、ここで商売してるって事は小鳥の需要もあるのでしょうね。

ブリュッセル絵ハガキ_convert_20110722002658
*市庁舎 絵ハガキから 

私の撮った写真ではフレームに収まりきらなかったので、プロの撮った絵ハガキで紹介。

グランプラスにはブリュッセル市立博物館があり、「興味のある方は○時に入り口に集まってください。まとめて入ると入場料が団体割引になります」との事でした。
もちろん見物するしないは自由なので時間になったら集まった人数だけでさっさと入館しちゃいます。

私たちは博物館見学するかは微妙な気持ちでしたが、ちょうどあちこち見て回ったあとツアーの皆さんが集まっているのを見て「あ、ちょうど時間なんだ。じゃあせっかくだから入ってみるか」と言う事でさりげなく加わりました。

この博物館には昨日紹介した小便小僧(ジュリアン坊や)の衣装が収蔵されています。
他、展示内容は古文書や古地図、絵画・陶器・祭壇装飾などなど。

紙で出来たグランプラス周辺の建物のジオラマなどもありました。
「あ~、なんかこういうチマチマした細かい作品を見るとエレファントマンを思い出すなぁ~」って代物でした。
手先が器用じゃないと作れない作品です。

気が短い人には無理ですね。(笑)


ランキング参加中!
応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

theme : 海外旅行
genre : 旅行

ブリュッセルの街を救ったジュリアン坊や

第5日目 1998年5月9日(土)午後  
サンミッシェル大聖堂
*サン・ミッシェル大聖堂 

グランプラスも近くの立地条件にサン・ミッシェル大聖堂はあります。
13~15世紀にかけて建てられたゴシック様式の大聖堂です。

ここは時間の関係で中には入らず、外観を眺めて写真を撮り次へと移動。

ブリュッセル公園
*ブリュッセル公園 

南側にある王宮と向かい合う位置関係にあるブリュッセル公園。
ここは面積の1/4が森林という緑豊かな公園です。
公園の大半は昔、王族や公爵が狩猟などに使ったと言われています。

1830年にはベルギー革命派とオランダ軍が戦った場所だそうです。

とても奥の方までは時間が無くて行けません。
取りあえず触りだけでもと出入り口付近を歩いてみます。

写真は中央に現地ガイドさん、右は相方。

ブリュッセル公園の北側には国会議事堂があるのですが、なぜか私、南側にある王宮も含めて写真を撮っていません。
私にとって重要なものでは無かったのか?

小便小僧_convert_20110720120231
*小便小僧の像 

超有名な小便小僧の像にやって参りました。
ここはさすがに観光客が多かったですね。

とは言え、ちっちゃ!
言われなければそのまま通り過ぎちゃうような、あっさりと目立たない感じで佇んでいました。

さすが世界3大ガッカリ観光名所だけある。
感想も「ふ~~ん、これがぁ~」って感じでしたね。

小便小僧絵はがき_convert_20110720120409
*小便小僧の衣装 絵ハガキから 

本来は裸の像ですが、この子すっごい衣装持ちだったりします。
いろんなところから衣装が送られて来て今や数百の衣装持ち!!
日本の紋付袴の衣装もあります。

衣装はグランプラスにあるブリュッセル市立博物館(王の家)に所蔵されていて、事あるごとに着替えをしています。

衣装を着ててもちゃんとおしっこはしています。

なぜこの小僧が世界的に有名なのか。
おしっこしてるだけだとただのお漏らし小僧なのですが、侵略者が放った爆弾の導火線の火を自らの小便をかけて消し、街を救ったと言う武勇伝持ち。

彼の名はジュリアン!
なので小便小僧は「ジュリアン坊や」と言う愛称で親しまれているらしいのですが、正直名前は知りませんでした。
もう『小便小僧』でインプットされているので今更『ジュリアン坊や』とか言われてもなぁ………。

実はこの近くには屈んで用を足す小便少女の像もあるんですよ。

これはさらに分かりづらい場所にありました。
なんかな~、少年・少女の放尿の像なんて今考えれば「セクハラか?」って思えます。

クレープ
*クレープ? 

その後、夕飯までの時間を少々自由に過ごす事に。
カフェっぽいお店に入りコーヒーブレイクしました。

その時に頼んだクレープっぽい物。
上に乗っている白い物はグラニュー糖です。

隣のテーブルには幼い子どもを連れた夫婦がいて、そのガキんちょが超~~~うるさかったのを覚えています。
飲んでたジュースをすっ倒したり泣きわめいたりして、かなり辟易しました。
所により「犬は良いけど子どもはお断り」と言うレストランがあるのも頷けます。

ここは日本で言うファミレスみたいな大衆カフェなので子連れがいてもしょうがないのですけどね。

路地_convert_20110720120504
*路地 

夜のブリュッセル_convert_20110720121025
*食べ物横町  

グランプラスからちょっと道を入るとこんな感じに雑多なお店が並んでいる食堂街があります。
どのお店も混雑していて気軽に立ち寄って思い思いに食事やビールを楽しんでいる感じでした。
夜でも充分暖かい気温なので外のテーブルで食べている人もいました。

貝_convert_20110720120712
*貝、各種 

一部海に面している国なのでシーフドや貝が豊富でした。
牡蠣や蛤っぽいもの、あさりっぽいものなどなど。
この横丁は海鮮物が主流みたいですね。

私らの夕食はベルギー独特の料理ワーテルゾーイ(魚と野菜のクリームシチュー)でした。

ブリュッセル絵はがき_convert_20110722002533
*夜のグランプラス 絵ハガキから

今夜はブリュッセル泊。
宿泊ホテルはJOLLY ATLANTA HOTEL(ジョリーアトランタホテル)です。


ランキング参加中!
応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

theme : 海外旅行
genre : 旅行

今日のグランプラスは大変な人出ですこと

第5日目 1998年5月9日(土)お昼~午後  
屋根のあるアーケード_convert_20110719231737
*ブリュッセルのアーケード街 

ブリュッセルに到着してまず昼食をいただく事に。
ヨーロッパは旧市街地には車の乗り入れが出来ないところが多くて歩いて観光と言う事もままあります。
ここでもレストランに向かうため、けっこうな距離(と言っても大した事無いんだけど)を歩く歩く!

添乗員さんを親ガモとして小ガモの客たちは逸れないようにゾロゾロ付いて行きます。
さすがに旗持って「こちらですよ~」って事はしませんでしたけど。(笑)

途中屋根付きの立派なアーケードを抜けました。
テラス席もあってとても雰囲気がオシャレ~って感じでした。
お昼時なので人波も多かったです。

それにしても60~70代のツアー参加者の方々って元気ですよね~。
文句も言わずガシガシ歩いています。

私らツアーの中では若者の部類に入るのですが、普段がデスクワークなので体力的には敵いませんわ。

メインデッシュ_convert_20110719231844
*ランチのメインデッシュ 

鶏のもも肉のロースト。
これがまたけっこうデカイ!!!!
すっごいボリュームです。
付け合わせにはポテトフライにグリーンサラダ。

ところでこのローストチキンにはマヨネーズが添えられていました。
これを付けて食べろって事ですよね?
サラダの為に付いているって事ではありませんよね?

我が家では子どもの頃からローストチキンを食べる時にはこのマヨネーズを付けています。

なのでここブリュッセルでマヨネーズが添えられている事に驚きました。
てっきりチキンにはマヨネーズって我が家ルールだと思っていたので。(笑)

飲み物はもちろんビール

そうそう、この店にはとっても可愛いギャルソンがいました。
年の頃ならたぶんどんなに上に見積もっても14歳は超えていないはず。
「なんでこんな子どもが働いているんだ?」と思いましたが、こちらでは当たり前なのでしょうか?
いっぱしにギャルソンエプロンをしていて萌え

あんまり可愛いのでツアーのおばさまたちに声をかけられまくっていました。

広場のマーケット_convert_20110719232351
*グランプラス  

ランチの後、またまた歩いてブリュッセルの広場、グランプラスへ。
花市が出ていて人がいっぱいでした。
この花市は月曜日を除く毎朝出ているのだそうです。

後ろに写っているのはギルドハウス。

グランプラスも世界遺産登録。

民族衣装_convert_20110719232226
*民族衣装の女性 

何か特別な催し物でもあったのでしょうか?
民族衣装に身を包んだ人たちがいました。

ブリュッセルは大都会だから普段から民族衣装を着ている人っていないものだと思っていましたが、もしかして日本の着物のように少数だけど民族衣装で過ごしている人たちとかいるのかも。

足下わんこ_convert_20110719231936
*わんこ 

飼い主のご用事が済むまで足下で大人しく待っている賢いわんこ。
こちらのわんこはキチンと躾けられてて可愛いです

広場_convert_20110719232451
*賑やかなグランプラス 


ランキング参加中!
応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

theme : 海外旅行
genre : 旅行

プロフィール

斑点ゾンビ

Author:斑点ゾンビ
所在地:千葉県
血液型:A型

読書・映画鑑賞・温泉・ドライブ、そして国内外の旅行と酒を愛する女

体育会系のような、文系のような、腰の重いアクティブ派?

入国者数
アナログ時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村
ポチッとクリックをお願いします。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ翻訳
お好きな国の国旗にクリックを。 その国の言語になります。
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
javascript電卓
電 卓
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
電力使用状況&電気予報
節電を心がけよう!
金魚
TOEICボキャドリル
さあ、あなたもチャレンジ!

自作オセロ
by some-news
漢字間違い探し

間違っているものをクリックしてください



powered by Youtube動画

12星座ランキング
developed by 遊ぶブログ
カーエルの予言
健康BMI
ajaxblogparts
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。